気になる野良猫撃退法

subpage01

野良猫の被害に悩んでる方も多いかと思いますが、追い払う事は出来てもまた直ぐにやってきて結局はイタチごっこです。

しかし何とかして野良猫撃退をしたいものです。
猫の行動範囲は、50m〜100mで意外と狭いものです。



その狭い範囲内で食事場所寝床、トイレ、他の猫との社交場を決めているのです。

猫はそれぞれに自分の場所を決める事で縄張りを定め、その場所への執着心や意識が他の動物よりも非常に高いと言われてます。
ホームセンターで良く売られてる商品で対策を行っても、そこで排尿や糞をされるのはそうした縄張り意識が強い表れでもあります。



下手に追い払うと今まで被害が無かった場所に害を及ぼしたり、逆に攻撃がエスカレートして重大な事態になったりと野良猫撃退は簡単な事ではないです。

野良猫撃退商品で良く使用されるのはトゲトゲが付いたマットを置く方法があります。


これは踏めば肉球に違和感を覚えてその場所に寄り付かなくなります。
しかし猫は学習能力も優れてるので、トゲトゲが無い場所から侵入して排泄や遊びなどの行為をするのです。もう一つに猫の嫌がる臭いを撒く方法があります。



最初は効果がありますが雨が降れば効果が薄まる上に1度や2度撒いたからといって猫は簡単に諦める事はありません。
常に撒きつづけるにはコストも掛かります。一番有力なのは超音波式の商品です。
これはセンサーによって猫を感知して猫の嫌がる音波を出し続けます。
学習能力が高い猫でも、何回か続くとここは危険な場所だと覚えるので近寄らなくなります。


同じ商品でも、猫の性格が大きく係ってきますので効果の有無は色々試すのも良いかもしれません。