迷惑な野良猫退治の方法

subpage01

家の敷地内に猫の糞を見つけたらもうそこは縄張りになっています。猫は50メートルから100メートルの範囲で行動しますので、その中でトイレの場所や他の猫と交流する場所、寝る所と決めています。猫はとても執着心か強いのです。一度決めたら変えることはありませんからなかなか野良猫退治は難しいのです。

ホームセンターなどへ行くと忌避する薬があり、スプレーするタイプや土に刺して使用するものなどさまざまにあります。
トゲトゲを置いてもそこだけ避けて通るようになったり、薬は雨が降ると流れてしまうのでたびたび使いますからコストがかかります。猫は学習するので何度も繰り返し教える事で、してはいけないことを理解しますが猫によっても違います。


それに野良猫を躾けることなどは難しい話です。昨年よりも野良猫の数が増えていたら近所で餌を与えている事もありますから一度話してみるのも解決の一つです。



保健所ではハイターや酢の原液をペットボトルに入れて蓋に穴をあけて猫の来るところに置くと少しでも効果があると教えてくれます。
それでも効果がないときは野良猫退治の超音波を出す機械を貸してくれる所もありますので試してみるのもいいでしょう。
野良猫退治にはこの超音波が一番期待できます。
できるなら中型以上の犬を飼うことでここは危険だと知らせるのも一つの方法です。

あとは捕獲器を使用して猫自体をそのエリアから移動させる方法もあります。



その場合は移動先の考慮も必要です。